2019年11月6日水曜日

カメラ三脚用タップ

中国製のパーツに付いている三脚穴は、きちんとネジが切れていないものや、三脚ネジが途中までしか入らないものがあり、穴を掘りなおすために三脚穴用ネジ切りタップを入手した。

左が正しいもので、右は間違って買ったウィットネジ用のもの。どちらも1/4インチ20山だが、ウィットネジの山の角度は55度で、三脚に使われているUNC(ユニファイ)の山の角度60度とは異なるため、ウィットネジ用のタップは使ってはいけない。さらに、カメラ三脚用の雄ネジはUNCのボルトと同一だが、三脚穴の方は誤差を考慮してUNCの雌ネジよりもオーバーサイズになっているのが正しいらしい。代用するならば少なくともUNC規格のタップだが、ねじやパーツの組み合わせによって入ったり入らなかったりという悩みを解消するべく、迷いなく正しい穴を掘ることができるカメラ三脚穴専用タップを入手することにした。

ジャパンホビーツールが販売しているYAMAWA製のカメラ三脚用タップには「TRI」の表記があり、UNCのサイズよりも約0.2mmオーバーサイズになっている。

Amazonの評価欄を見ると、これを三脚穴の加工に使っている人も少なくないようで、こっちの安い方をはじめに買ってしまったが、これはウイットネジ用なので明らかに間違っている。

iShootブランドのD850用プレート。クランプで固定する場合は問題ないが、これの底にある三脚穴がおかしい。

ハスキー雲台のネジが2~3山ほどしか入らない。相性によってはこの穴に入るボルトもあり、マンフロットのプレートに付属している1/4ネジは入る。

AmazonでUTEBITブランドで売られているスピゴット。数個セットのうちいくつかは1/4インチネジ穴がきちんと切られておらず、ネジが入らないものがある。

ネジが傾いて切られているものもあるが、サイズがキツイだけのものは掘りなおせば修正することができる。だいたいがアルミ製のパーツなので、さほど力を入れなくても切れていく。

こちらのプレートも同じように穴を掘り直す。おそらくはカメラ用の少しオーバーサイズの穴ではなく、雄ネジと同じUNCと同一サイズで掘られているために、キツキツだったり入らなかったりするのではないだろうか。
スピゴットもプレートも穴を掘り直し、ちゃんとどのネジもスムーズに入るようになった。

2019年9月29日日曜日

汀線の小宇宙

逆光の波打ち際を歩く。足元の漂着物や死骸を弄るために、まずは手ごろな長さの枝を手に入れよう。気に入った木片やプラスチック片などをビニール袋に拾い集めながら、450メートルの人工海岸を往復する。

AF Micro-Nikkor 55mm f/2.8, ISO125 F2.8

ときどき落ちている生物の一部と思われる球形の物体。枝で弄ってみるとコロコロ転がっていく。内部に組織のようなものが入っているが、腐って死んでいるらしく、動いているものは見つからない。はじめは魚の目玉かと思ったが、ブドウの房のように球体が複数結合したものもある。強く押すと被膜が破れ、中の液体と気味の悪い組織がブニュっと出てくる。これが貝なのか生物の組織の一部なのかあるいは卵なのか。何だかわからない。

画像を拡大すると、砂粒の一つ一つや中央の青いフィルムの輪郭が克明に描写されている。
AF Micro-Nikkor 55mm f/2.8, ISO125 F8.0

ピクチャーコントロールのデフォルトの輪郭強調では解像感が悪く、現像時にはCapture NX-Dで半径を小さめにアンシャープマスクをかけるようにしているが、Photoshopのスマートシャープを使うとCapture NX-Dよりも更に解像感を出すことができる。
AF Micro-Nikkor 55mm f/2.8, ISO125 F8.0

AF Micro-Nikkor 55mm f/2.8, ISO125 F8.0

AF Micro-Nikkor 55mm f/2.8, ISO125 F8.0

AF Micro-Nikkor 55mm f/2.8, ISO160 F8.0

ウミウの死骸。前日には丸一羽そのままだったが、一晩でカラスかなにかに食い荒らされてこんなふうになっていた。
AF Micro-Nikkor 55mm f/2.8, ISO125 F8.0

AF Micro-Nikkor 55mm f/2.8, ISO125 F8.0

生物の死骸はすぐに無くなってしまうが、プラスチック容器も時間を掛けて風化していく。「美味」と書かれたタレビンは大陸から流れ着いたものだろうか。
AF Micro-Nikkor 55mm f/2.8, ISO160 F8.0

共通データ:Nikon D850, ロスレス圧縮RAW(14bit) 
Capture NX-D 1.5.0 ピクチャーコントロール:[SD]スタンダード
 輪郭強調=0.00, ミドルレンジシャープ=1.00
アンシャープマスク:RGB 80% 3% 0