2019年3月6日水曜日

六本木ヒルズ森タワーにて

高層ビルの展望台というものはガラスがあるのが当たり前で、一般客が屋上に出られるのはもしかすると都内ではここだけなのかもしれない。

屋上スカイデッキにて。





52階室内展望台にて。



屋上スカイデッキより新宿方面
Nikon D850, AF Micro-Nikkor 55mm f/2.8 ISO100 F8.0
ロスレス圧縮RAW(14-bit) 
Lightrom プロファイル:カメラ標準・シャープ無しで現像
スマートオブジェクトでPhotoshop CCへ引き渡し、スマートシャープを適用

53階森美術館、2/9より開催中の「六本木クロッシング2019展:つないでみる」にて。森美術館の展示は割と撮影可能なものが多い。









森美術館+東京シティビュー パスポート(公式ページのリンク

この日の目的は、年間パスポートの購入だった。これを使うと、六本木ヒルズ森タワーの53階「森美術館」と52階「東京シティビュー(屋内展望台)」と屋上「スカイデッキ」に通常料金よりもお得に入ることができる。52階「森アーツセンターギャラリー」は含まれておらず、森美術館の展示替えの回数だけを考えると得ではないが、展望フロアと屋上が目当てなら元が取れる。森美術館の企画展も、今回のようにボリュームがあると一度で見るには疲れてしまうので、同じ展示を何度も見られるのもメリットと言える。「六本木天文クラブ」にメールアドレスを登録すると、星の絵がついたカードでパスポートを発行してもらえる。天文クラブといってもとくに会員制というわけではなく、単に月に1~2回スカイデッキで開催されるイベント名で、予約などもなくその時間帯に行けば参加できるらしい。

2019年2月24日日曜日

ヨンサンハチロク(その2)

Zoom-NIKKOR Auto 43-86mm F3.5(1966-1971)の写りを見てみよう。ファインダーを覗くとレンズが青味掛かっている。同年代のオートニッコール、Nikkor-S Auto 35mm F2.8(1967-1971)を持っているが、そのレンズも同様でガラスが青い。

 f=43mm F3.5
ワイド側で撮影した画像だが、タル型の歪みがすごい。Capture NX-Dは非CPUレンズの歪曲補正ができない。Lightroom Classic CCでゆがみ補正した場合は+20程度の値になる。

f=43mm F3.5
こういう感じの構図だとディストーションは分からない。

f=43mm F3.5
こういう構図はレンズに負担(?)が少ないようだ。

f=43mm F3.5
むむむ。これはすごい。ワイド側絞り開放だが、画面真ん中の一部分以外はボケボケだ。

f=43mm F8
F8まで絞るとクリアーになる。「国産初の標準ズーム」であるこのレンズを「ニッコール千夜一夜物語」では、その描写を「実用的な写り」と表現している。

f=43mm F3.5

f=43mm F3.5

f=86mm F3.5
テレ側(86mm)開放にて。軸上色収差というよりもこれはパーフリだろうか。いい味を出しており、なんとも幻想的だ。

f=43mm F3.5

f=86mm F3.5
これ不思議に思ってExifを確認してみたが、開放に間違いない。きれいに写っている

f=43mm F8
順光で絞り込めばそこそこよく写るが、このレンズは絞ったら負けのような気がする。

f=60mm F3.5
「ニッコール千夜一夜物語」には、「このレンズは焦点距離50~70mm、撮影距離3メートル前後で最良の描写になるよう設計されており」という記述がある。上の画像がちょうどそのくらい。

f=86mm F3.5

週末の二日間、Zoom-NIKKOR Auto 43-86mm F3.5を使ってみたが、非常に手強いレンズだ。描写には独特な味があるものの、最短撮影距離が1.2mという制約がなんとも辛い。