2018年8月12日日曜日

花火

中央区が主催する花火大会は2015年を最後に中止となっていたが、今年はホームページ制作会社が主催する花火大会が東京湾で開催された。歌舞伎コラボとBSフジの中継が主体の有料イベントだが、打ち上げ場所から4.5kmほど離れた都内のビルから花火の打ち上げを観察することができた。

Nikon D850, AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR
ISO64 F=200mm F8.0 30秒
3枚の画像をカラー比較(明)で合成


調整前後の画像を比較

湿度が高く大気がガスっているのに加え無風に近い状態で、花火の煙が停滞して見通しが悪い。撮影した画像はコントラストが低く見栄えのしないものになった。D850で撮影したRAWデータをAdobe Lightroom Classic CCで現像する。彩度とコントラストが欲しいので、プロファイルは「カメラ風景」を選択する。トーンカーブの調整にある「ダーク」のスライダーをマイナス側に動かすと、かすみが除去され締まりのある画像になる。「ライト」のスライダーをプラス側に動かすと、自然な感じで花火の輝きが増す。Lightroomにはこれとは別に「かすみの除去」というスライダーがあるが、この画像には適しておらず、「ダーク」と「ライト」のスライダーが非常にうまく働き、そこそこキレイな画像になった。上の画像は、Photoshop CCで3枚の画像を合成したもの。

さて、長時間露光で撮影された打ち上げ花火の光跡は「写真」と言えるのだろうか。元より肉眼ではこうは見えないし、体験した事実の証拠ではない。フォトショップで複数画像を合成した点についても明らかに作りものと言える。だが、個々の画像に定着された光跡はレンズによって光学的に結像されデジタル写真の機械的プロセスによって生成された像を歪めずにそのまま用いたものである。画像の輪郭を生成する過程においては撮影者の主観も手作業も介在していない。いわば、精神的には魚拓をコラージュしたようなものである。目を書きいれたり尾ひれを書き足したりしたわけではない。

先週、映画監督のヴィム・ヴェンダース氏が「iPhoneで撮った写真は、写真とは呼べない」と言ったなどというニュースが流れ、iPhone信者が騒然としたわけだが、これは面白い話である。その理由として、スマホ写真はプリントされないことや画像を加工できることなどをあげている。この話については、同意も反論もたくさんの疑問もある。そもそも、画像を後加工するという行為は、写真が写真でなければならない理由とは正反対であるし、それが写真という表現手段の技術的価値をないがしろにする行為にほかならないことを知っている。俺は個人的には画像の加工はほとんどやらないが、露出や階調の補正、ホワイトバランス修正くらいまでならセーフだと思っている。レンズが結んだ像を変形させたり、都合の良いように切り取ったり消し去ったりしない限り、写真の価値は同一のまま保たれると思っている。

2018年7月29日日曜日

iMac 27インチ Retina 5K

ディスプレイを4K化したかったのだが、今のメインマシンは第一世代のCore i7で、今年で8年目になる。あちこち壊れる度にパーツ換装を重ねて使ってきたものの、限界はとうに超えている。PCやディスプレイ諸々を新調するのを考えると、オールインワンのiMacが何だか得であるような気がした。

iMac 27インチ Retina 5K(2017)
Core i5(3.4GHz)/8GB/1TB

28年ぶりのMac。メモリは自分で増設することにして、27インチの一番安いモデルを選択する。ビックカメラで買うと、メモリやキーボードの変更などカスタマイズが出来ないが、ポイントが付くのでポイントをテンキー付きのキーボードの購入にまわす。と、アップルストアで買うのと差額+500円くらいでテンキー付きのキーボードと本体に付属しているテンキー無しのキーボードが手に入る。今回は娘用に9.7インチiPadを一緒に買うので、余ったキーボードをiPadで使える。
ほかのiMacユーザーにも実績のあるメモリをAmazonで購入。メモリスロットは4スロットあり最大で64GBまで増設できるが、元から刺さっている8GBx2枚はそのまま使用し、空いている2スロットに16GBを2枚追加して合計40GBにすることにした。

Windowsデスクトップで使っていた外付けHDDは、LogitecのRAID5ケースにWD緑3TBx4を搭載させたものだ。USB 3.0でMacに接続すれば使えるが、NTFSなのでそのままではMac OSから書き込みができない。Mac OSでNTFSに書き込むには、いったんumountしてw/rでmountし直せば書き込めるという情報を見つけたが、やってみたものの書き込める状態にはならなかった。俺はMacの使い方をまったく知らない。マウスのボタンがどこにあるのか、ウィンドウを最大化するにはどうしたらいいのかなど、基本的な操作方法すらわからないので、こういう場合ググるしかない。どうやら、Paragon NTFSというソフトを使うのが一般的なようだ。ええと、製造元のParagon Softwareからライセンスを購入できるようだが、Amazonでパッケージ版が買えるらしい。


とりえあずこんなもんか。あといくつかやることがある。
日本語入力の設定
マウスカーソルが変なので設定を変更
パスワードマネージャーKeepassXCを導入し、sftpでデータベースを同期させる
Terminalの設定
FastStone image viewerの代替を探す XnViewMP
notepadがない CotEditor
ペイントがない 
次回より、Windowsと同じことをMacでどうやってやるかを研究していく予定。