2018年6月26日火曜日

AF Micro-Nikkor 55mm f/2.8 テスト(その1)

週末はAF Micro-Nikkor 55mm f/2.8のテストをしたかったが、生憎の雨で条件が悪い。仕方が無いのでこの日は屋内で過ごすことにし、写真展を見に新宿へ行く。
佐藤倫子写真展「MICHIKO 2018 ワタシテキ」
この日は佐藤倫子氏と坂村健氏のトークイベントがあるとのことで、以前から楽しみにしていた。このお二人は意外な組み合わせなのだが、佐藤氏は雑誌の仕事で坂村氏と出会ったのがきっかけだそうで、15年程前から何度か仕事をしているそうである。今回の展示も作品の展示順序やプロジェクターの照度まで坂村氏がディレクションしているとのことで、展示順序の決定にはAIにより画像の類似性を評価しこれを用いているそうである。佐藤氏の展示作品はすべてA3判でにきれいにプリントされており、ほぼ全ての作品が被写体に正対した構図で、四隅の細部まで非常にシャープに撮影されているのが印象的だった。トークイベントでは、プロジェクターを使って佐藤氏による作品の解説と坂村氏のお話を、かなりの長時間にも関わらずタダで聞かせてもらうことができて楽しかった。会場には次回のトークイベントに出演される予定の山岸伸氏の姿も見られ、30年前に坂村氏を山岸氏が撮影した際からのご縁なのだそうである。



新宿エルタワーより
AF Micro-Nikkor 55mm f/2.8 F5.6 Nikon D850
元サイズ画像(8256 x 5504 pix)を表示

30年前といえば、AF Micro-Nikkor 55mm f/2.8が発売されたのと同じ頃で、当時俺が大ファンだったTRONプロジェクトを坂村氏が始めていた頃である。TRONは政治的な事情により、残念ながらビジネス一般向けに普及することはなかったが、現在も組み込み用のOSとして広く利用されているそうである。

都庁展望台より
AF Micro-Nikkor 55mm f/2.8 F5.6

AF Micro-Nikkor 55mm f/2.8
倍率約1/4倍 実効F値3.5

AF Micro-Nikkor 55mm f/2.8 F2.8

翌日は晴れたので、AF Micro-Nikkor 55mm f/2.8で浜松町あたりを散策する。一本しか持って来なかったのので、先日、SeriesE Zoom 75-150mm F3.5を持って歩いたのと同じコースを歩く。あとで先日の画像と比較してみよう。



F2.8

F8.0
F2.8

F5.6

F5.6

F2.8

F2.8

F2.8

F5.6

F2.8

今回の画像では、周辺まで完璧に解像しているかどうかを判断するのは難しいが、AF Micro-Nikkor 55mm f/2.8が非常にハイレベルなのが分かる。解放からコントラストが高く中央部分の解像力は凄まじい。周辺はコントラストの低下がみられるが、F8に絞り込んだ画像では像の流れなど皆無でレベルが高い。AFについては思ったより精度が高く、位相差AFでの駆動には問題は見られなかったが、前半の雨天時、被写体が暗くコントラストが低い場合にはLVでのコントラストAFがうまく動作しない現象が多く見られた。距離情報のエンコーダが無いDタイプ以前のAFレンズでは、コントラストAFがうまく動作しないのだろうか。

0 件のコメント: